スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ナカイピノ・ノアール2012

2013/05/03 02:49
サンタローザに来て1週間近くたった頃、
ダーリンのワインを作っているOwl Ridgeワイナリーに2人で行きました。

ワインメーカーMr.Johnが来週ピノ・ノアールテイスティングをしましょうとのことで
日本から持って来たフランスのピノと近所で作っているリバーロードのピノを持って
飲み比べすることにしました。

これがナカイのピノが入っているタンク
今日のテイスティングの後、今後の計画を立てるそうです。

ピノ1

ピノ2

さっそくタンクからちょっとだけ出してもらい、お味見
色はきれいなルビーレッド。新しいからとても良い色です。
赤ワインは年数がたつとガーネットのような赤に変わっていきます。

ピノ3


ちょうど出荷を待っているナカイソーヴィニヨン2012が山積みに。全部で165ケース!
ダーリン絶賛!香りはシトラス系グレープフルーツやレモンの香りとフローラル若草の香りもあり
開けて3日目最後まで楽しむことが出来ました。

味はズバリ!ドライです。
今までが女性的と表現すると今度は男性的

ピノ4

思わず記念写真!!

ピノ5

ここはOwl Ridgeミーティングルーム。本当にワインだけを作っている工場といった感じです。
ここは地元小さな畑のオーナー自分のワインを作ってもらえるので結構大きい規模です。
Owl Ridgeのワインも数々のリボンをとっているワイナリーです。

ピノ6

まずは本日のワインボトルを。
ナカイソーヴィニヨン2012リバーロードピノ・ノアール2007フランスGEVREY~CHAMBERTINピノ・ノアール2008

リバーロードピノ・ノアールは現在ナカイヴィンヤードの葡萄を買い取って頂いているワイナリーです。
この年は美味しくて評判がよかったピノで、大事にとっておいた物を開けます。

フランスGEVREY~CHAMBERTINピノ・ノアール
は知り合いのソムリエの方に日本で手頃なお値段で
一番人気の高いフランスのピノを選んで頂き、持って来た物です。

ピノ7

ピノのテイスティングは左からナカイ2012リバーロード2007GEVREY~CHAMBERTIN2008


ピノ8

ナカイ2012ブラックベリーグローブローズのドライフラワーウッドの香りが楽しめて、やはり収穫が遅かったので濃縮されたジュースで作った分ちょっと甘さが残っています。
これからに入れ、もう少し木の香りタンニンを増やす予定だそうです。

リバーロード2007はヴィンテージが古い分、ガーネットのような色です。
香りはベリー系チョコレートフルーツの香りでとてもバランスの良いワインです。

GEVREY~CHAMBERTIN2008、私はフランスのピノを飲む機会がほとんど無いのでへ〜〜〜って感じでした。
色はうすくてトとガーネッいうよりもトパーズのような感じです。
ローストした樽の香りが強烈カリフォルニアワインのようなフルーツの香りは殆ど感じられませんでした。
酸とタンニンが強くフルーツ味はあまり感じられません時間が経つと味もどんどん変わって飲みやすくなっていきました。美味しい!って感じる時と ん〜?って感じる時もあり本当にへ〜〜〜って思います。
スポンサーサイト



カリフォルニアワインテイスティング

2013/03/08 18:06
3月5日深夜突然メールが、、、6日の午後に恵比寿のウエスティンホテルで開催される
カリフォルニアワインのテイスティングのご招待!

以前銀座のED.パーラーに行った時にお話は伺っていたのですが、
またもや突然のご連絡ありがとうございます〜ぜひぜひ、、、ということで
6日の午後4時に恵比寿駅で待ち合わせ。

早速会場に行って受付の前で、、、
名刺持ってますか?ううん、何も聞いていなかったので持ち合わせございませんが、、、
じゃぁ〜この名刺使ってください、って渡されたのがどこかのオカマさんの名刺。。。
お借り致しますぅ〜!

恵比寿1

で、無事受付終了名刺ホルダーに入れて服に張り付けいざ出陣
始めに入り口ワイングラス紙コップを頂く。
紙コップはを入れて飲む用、もしくは飲まないワインペッ捨てる用に使います。

さぁ〜飲み放題!!!って飲み過ぎてとんでもなく泥酔した人を何度もみているのでそれは危険です!
で、取りあえず入り口に一番近いアイコニックワインジャパンのブースにあった
モントレーのブドウで作ったモーガンソーヴィニヨン2011を。

う〜んちょっと甘いかな〜香りはあまり感じられずお値段は2600円
でもここは結構みなさんから好評のブースでした。

恵比寿2

その後一人でぶらぶら、、、
偶然いつもお世話になっている小伝馬町のリッカー愛ソムリエさんとバッタリ。

で、おすすめのワインはありますか?って探りを入れた。なにせブースの数が多すぎて(71社
全部飲んだら死んじゃう〜〜〜

ってまず始めのおすすめがラベルが何ともダイナミックな赤いケーブルカー
でもラベルに似合わずとっても古典的な作り方で作っているレッドカーワインカンパニーシャルドネ
ピノ・ノアール2010年ソノマバリーのブドウでお値段6000円。バランスがよくておいしかったです

恵比寿3

ここはアサヒビールのブースで飲んだサン・スペリー(セント・スペリー?)のソーヴィニヨン2011年
ナパバリーのブドウです。酸も香りもソーヴィニヨンらしくとっても爽やかでした。お値段3680円

恵比寿4


ここは Ilovecal Wine のブースで飲んだロア サンタ・ルシア・ハイランズピノ・ノアール2011年
シャルドネ2011年。お値段も良いけど味も良いです!

恵比寿5

日本人ワインメーカープロデュースしているワインもいくつかありました。
もちろんダーリンナカイヴィンヤードソーヴィニヨン2010年も出品していましたが
ここはラベルがとっても日本らしいって聞いて飲みにきました。

ワインメーカーはアメリカ人です。ダイアトネシャルドネ風音2011年、ステンレスタンクで醸造していますがブドウしっかりしています。

恵比寿6

同じブースにあったシャトーイガイタカハピノ・ノアールシャルドネ2009年。
ソノマ・コーストのブドウで作っています。コンテストでもゴールド、シルバーリボンを受賞している
評価の高いワインだそうです。
ラベル家紋のデザインが目を引きました。

恵比寿7

フェス・パーカーピノ・ノアール映画サイドウェイでも撮影に使われたワイナリーだそう。
両サイドはケンウッドのワイン。ソノマでは大きくて有名なワイナリーです。

恵比寿8

スーヴェランソーヴィニヨン2010年お値段も手頃で味も良かったです。
ブドウの木もワインメーカーも安定した作り手なのでしょうか?どっしりした落ち着きがあるような、、、

恵比寿9

1ブースがテーブル1つですが、並びきれないくらいワインがいっぱいなブースも。。。

恵比寿10

夕方になって少し人も減りましたが、最初は本当にどこに居ていいのかわからないくらいの人でした。

恵比寿11

カリフォルニアの主たるワイナリーが作ったワインがテイスティングできて、とっても勉強になりました。
ちょっと立ち話しているとダーリンのことも良くご存知の方もいらして、、、

今年はソーヴィニヨンと初めてのピノ・ノアール瓶詰めがあります。
ラベル新しく作る予定でこれから帰ったら忙しくなりそう。。。



朝からテイスティング

2012/10/07 07:23
10月1日、昨日のアンティークフェアーのメンバーエド・パーラーの方々に
Merry Edwards(メリーエドワード)のワイナリーで朝9時半から予約しているテイスティング
誘われまして、朝からお化粧ばっちりでお出かけ。

お家に迎えに来てもらい、ダーリンはトラックで付き添い出発!家の畑から意外と近いんです。
でもさすがです。きれいなワイナリーでした。

2階のテイスティングルームに通されると4人分のグラスワインがすでにスタンバイ。


メアリー1


左からピノ・ノアールが4本とソーヴィニオンブランク2011年が並んでおりました。
2009年 MEREDITH ESTATE
2009年 KLOPP RANCH
2010年 COOPERSMITH
2010年 GEORGNNE

メアリー2


同じピノでも葡萄の産地が違うそうで、もちろん味も違います。
私は最初のMEREDITH ESTATE と最後のGEORGNNEが好きでした。

ほどよい酸と果実味がバランスよくなっていました。
真ん中の2つはそれぞれ違うタンニンの味がしましたが、あまり好きではなかった。

最後のソーヴィニオンブランクはめずらしくに漬けて作ったそうです。
独特の青臭さブーケの香りは無くてシャルドネのようなトロピカルフルーツの香りでした。
ちなみにダーリンはこのソーヴィニオンのボトルのデザインが好きなんだよね〜。

メアリー3


ダブルサイズのボトルにエンボスラベルが施されたワインボトル。
葡萄の房両手を添えて上にはバラの花があるとてもおしゃれなラベルのデザインです。

メアリー4


ここは酒造所の中の写真で左側赤用右側白用タンクです。
赤は低くて太く、蓋が開くそうです。
白は細くて長く、小さなバルブが付いているそうです。

メアリー5


ワイナリーに植えてあるオリーブの木に沢山の実が付いていました。

メアリー6


この後ダーリンと別れて近くにあるシャンパンで有名なアイアンホースに行きました。
ここはホワイトハウスでも使われているそうで、高級なシャンパンを作っています。

アイアンホース1


小高い丘の上にある酒造所の脇に小さなカウンターテイスティングスペースがあります。
ここでバーテン?のお兄さんに説明を聞きながら4種類のシャンパンをテイスティングをしました。

アイアンホース2


ここはいろんなラベル記念シャンパンも作ってくれるみたいです。

アイアンホース3


この後さらにもっとリーズナブルなお値段のシャンペンを試してみようと言う事で
やっぱり近所のコーベルというシャンパンの酒造所にテイスティングにいきました。

ロシアンリバー沿いの大きなワイナリーです、観光客も沢山いらっしゃいます。
ダーリンもここによく連れて来てくれたんですねどね〜

アイアンホース4

ここのテイスティング無料なので4人でそれぞれ4種類ずつ頼んで、
ここで扱っているシャンパンの全てを試飲してみました。(回しのみ状態)

やっぱり人数が多いとこういう事が出来るんだ!
で、多数決をとって一番美味しかったのを6本ご購入

アイアンホース5


遅いランチはダウンタウンの RUSSIAN RIVER BREWING COMPANY 有名なビアバー
時々ダーリンと行ってるお店。

で、この人数だからって調子に乗って全種類のビールを試飲出来るメニューをオーダー!
お〜18種類のビール木製のトレーにのって来ました!

フルーティーなビールやドライ、香ばしいローステットなビール、ちょっと酸味の強いものまで
色とりどりでした。
ちょっと飲み難いビールは黒ビールブレンドして試飲!けっこう美味しく飲めました。

アイアンホース6width="500" height="288" />

ランチは2種類のサラダピザなんかをオーダーしてみんなでシェアしました。
それからオールドタウンアンティークモールに行って、ホールフードでお店で使うスパイスなんかを買って
夕方サンフランシスコに行ってしまいました。9時からディナーの予約があるそうです。

この2日間朝から夜までフルタイムバケーション満喫? 若いって素晴らしい!

私は朝からワインシャンパンビールを飲みまくっていたのでもうダメ! あ”〜〜〜〜眠い zzzzzzz、、、、、



うちのワインは

2011/05/30 22:58
カリフォルニア州ソノマカンティーの中に位置しているロシアンリバーヴァリー地区で

20エーカーの畑で葡萄を栽培しています。ほとんどはダーリン一人で毎日畑で働いています。

作った葡萄は近くのワイナリーに売り、そこでうちのワインを作ってもらっています。

以前はホームメードワインも作っていたのですが、日本でワインを売る様になってからは

そんな時間もなくなってしまいました。

でも、ダーリンが30年前に作ったワインはガラージに沢山眠っていて

時々デキャンタしながら飲んでいます。

普段はうちのメルロー、ヴィンテージは日本では売らない事になった05を少ずつ飲んでいます。



ホーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。