スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



nijoshiのワイン作り2thステージ

2014/10/03 13:42
この前自分たちで収穫したシャルドネを絞ってから
園枝ちゃんはUSデイビスの醸造科で同級生だったライアンのワイナリーの隅っこを借りて
仕事の帰りに毎日のように通ってシャルドネの発酵作業をしていた。

2週間ぶりお手伝い。この洞窟の中で作っている。

nijo2-1.jpg

この前瓶詰めした後に、2日ほどそのまま置いて沈殿させてから上澄みバケツに移して
発酵菌(ワインはイースト菌を使います。)を入れてからじ〜っと見守ります。

nijo2-2.jpg

これはシャルドネの発酵データ糖分の%温度を測っています。
不思議とそれぞれの瓶で数値は違い、残った糖分によってアルコール濃度が違っています。

nijo2-3.jpg

バケツのままだと空気との接触が多いので、もう一度に移して発酵終わるまで待ちます。
手動のドリップ方式

nijo2-4.jpg

この機械でデータを取ります。小さいけど、相当高価な物らしい、、、

nijo2-5.jpg

この場合糖分残量が2.9%で温度は19.2度。
発酵活発だと温度が高く低い活発でないと言う事らしい。

nijo2-6.jpg

ここでちょっとテイスティング、まだイースト菌が残ってます。

nijo2-7.jpg

瓶に移してこのまま発酵が終わるまで寝かせます。

nijo2-8.jpg
スポンサーサイト



ホーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。