スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



床の下地とバスルームのやぐら

2016/04/26 12:52
暑さ寒さも彼岸まで、取りあえずタイベック寒さしのげる様になった。
リビングルームを仕上げるため、再び防腐剤を塗った大引を置いていく。

R大引1

根太も定位置に置いたらエアガンガンガン打ち込む

R大引2

床の断熱材45ミリスタイロフォームを根太の幅に切ってからはめ込む
普通は20ミリから30ミリ位らしいが根太の太さと同じなので、
沈み込まずにハマっていくから楽だった

その上にアメリカから送ってもらった20ミリ合板エアタッカーを使って固定していった。

R大引3

夕方水道屋さんが来てくれて温水の配管をしてくれた。
今はブリヂストン社製プラスチックの配管を使うらしい、、、
ジョイントの部分が絶対外れ無いんだって。

そのあと再びスタイロフォーム遊び半分で切り刻んで配管の周りガッチリ囲んだ

R大引4

TOTOユニットバスを注文したので、それに合わせて土間コンを打った。
意外と少量で、コンクリ9袋ですんだ。

バスルーム1

バスルームの仕切りは3方から柱の壁を組んでやぐら?を作った。
とっても簡単なんだって、この方法が。

バスルーム2
スポンサーサイト



床と壁と窓がついたら

2016/04/21 13:46
基礎のコンクリが乾いたらいよいよ真柱建てていく。
骨組みが鉄骨なので上はL型のアングルに穴をあけてもらいそれを直接溶接していった。
下は防腐剤を塗ったコンクリート釘で固定していく。
それぞれの作業ごとにレーザーレベルでキッチリ決めていった。

細かい細工も必要だったし、間取りを考えながらの作業で結構時間がかかりました。

大引1

壁の真柱平行して気分転換床の基礎を敷いていく。
借り物釘打機、いわゆるエアガンでちょっとワクワク。。。

衝撃が射撃の銃と同じ感じ。

大引2

大引を敷いてから根太を置いてエアガンを打ち込み、イカダ状態にしていった。
大引は所々に木ねじで仮止めしておく。

結構な面積だったから手がパンパン!

大引3

打ち終わったらレーザーレベルを使って釘を打った所の高さ調べていく。

大引4

同じ高さになる様に、低い所にベニヤ板プラ板で調節してから
土間コンの時に埋め込んだ木固定していくので、結構早く出来上がった。

大引5

真柱の間にを付ける枠を付けた。

窓1

ここでやっと8月に送った建材が使える様になった。
はいたってシンプルな作りで、ネジで固定した後に防水テープを貼り
タイベックっていう防水シートをタッカーを使って下から貼っていく。

窓2

日本のサッシと違って窓枠が必要なため、レッドシダーで枠を作ってもらった。
手入れを怠ると長持ちしないかも、、、

窓3

キッチンのドアは本来内開き外開きに付けたのでこれもメンテナンスが必要かも。
取手は真鍮のレバー式を選んだけど上の鍵を買い忘れた為テープで塞いだ。

枠付き窓付き200ドル。安い買い物だ、、、

窓4

家の西側ドアが付いてやっと家らしくなって来た〜〜〜

窓5



タンスでブロック

2016/04/19 13:00
土間コン前日ロクちゃん余ったコンクリートでを作りますか?と聞いてきた。
ん?何のこっちゃ???

足りなくなったら困るので多少は多めに頼んであるけど、
絶対に余るはずだからそれで何を作るか考えないと、、、
バケツに入れて外用のイスかなにかにしようと思ったけど重くて運べないし、使えなかった、、、

ふ〜ん、、、じゃあブロックが良いかなぁ〜
裏の土留めに使いたいし、、、
でも今から型枠作るの大変だし、どうしよう、、

あちこち探して見つけたのが、いらなくなった衣装ケースの引き出し。
それでも足りないロクちゃんが言う。
そのロクちゃんが叫んだ!このタンスいるんですか?って、、

棚代わりに使っていた子供達のいらなくなったタンス思い出も一杯だけど、、、

もちろん要らないよ〜〜〜

じゃぁ〜これで作りましょう!だって???

空のタンスに同じ大きさのワイヤーメッシュを用意して
吊るしてちょうど真ん中に来る様にした。

わぁ〜〜〜凄いアイデア! どうせ壊して捨てるんならちょうど良いよね〜

で、ポンプ車イケメンおじさんオペレーター笑いながら感心してた。
足りなくなったら無理矢理水を流して生コンぜ〜んぶ入れてくれたし。

ブロック1

衣装ケースもちょうど良い大きさでした。

ブロック2

タンスブロックバラして運んで土を盛った裏側通路の斜面
新しく段差を作る為に使いました。

ブロック3

表には胆管パイプの杭を打ち込み、ガッチリ!!!

ブロック4

道路側は懸案だった低かった家の基礎道路よりも高くする為に
鉄骨の柱以外は下から1メートルの高さまで全部壊してから
型枠を作って新しい基礎作り直す事になった。

ブロック5

お店側のエントランスにも壁を作る基礎を足した。

ブロック6



嵐の前の土間コン

2016/04/09 22:33
土間コンの準備を終えていよいよ本番の朝が来た。
生コン車が来る前に、チャーターした綺麗なブルーのポンプ車到着
オペレーターもイケメンおじさんだった。。。
手慣れた手つきでポンプのアームを家の中に入れて一番奥までポンプの先端を運んだ。

人生生コンミキサー車ポンプ車自分でチャーターするなんて夢にも思わなかった、、、


土間1−1

土間1−2

土間1−3

生コン待ち受けメンバーは元左官屋見習いの宮川くんロクちゃん
ほとんど初心者地と初体験の私、、、、

生コンがかぶっても良い様にカッパ子と長靴ゴム手袋フル装備!
ロクちゃんバイブレーターで生コンを広げて私と大地手で均し
宮川くん仕上げにかかる、、、

土間1−4

ず〜っとしゃがんだ姿勢均していくので結構大変だった。

土間1−5

多分90センチ間隔糸を張り、予め決められた長さの下地用木材コンクリに埋めていく
こうすると大引を敷く時に直接木ねじで固定出来るので楽だよと大工に教わった。

土間1−6

合計4台のミキサー車、均しも終わり無地終了
さすがに晴れ女終わった途端に風と雨!!!がやって来た。

土間1−7

ロクちゃん達は翌々日1週間の予定一時帰宅
しかし吹雪で飛行機が飛ばず2日程足止めをくってしまった、、、

[嵐の前の土間コン]の続きを読む



ホーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。