スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



じつは鳥の巣コレクター

2012/06/30 13:16
毎年6月になると葡萄の枝は一気に伸び放題
葉っぱもどんどん大きくなってジャングルのように。

いらない小枝や葉っぱをとっていると木の分け目の所に時々鳥の巣を見つけます。
この時期はちょうど卵を生む季節なので卵入り鳥の巣が見つかります。

昨日ダーリンがみつけたピノノアールの列にあった鳥の巣はさっそくコレクションの仲間入りに。
親鳥は私達の姿を見つけるとどこかへ飛んでいきました
かわいそうだけどこのまま鳥の巣をおいておくと小鳥が巣立ってから虫やカビの温床になってしまうので
必ず取り除きます。

どっちにしても葉っぱを採ってしまうと巣が丸見えになってしまうので
親鳥達はあきらめてどこかにいってしまい、あとはカラスの餌になってしまいます。

鳥の巣1


うすいターコイズブルーの卵が2つありました。
生みたては少し透き通っているのでけっこう日がたっている様です。

鳥の巣2


古いワインの樽の上に集めた鳥の巣を重ねていつもは玄関の中に飾っています。
ロビンという鳥のイミテーションもかわいいでしょ。


鳥の巣3

鳥の巣4
関連記事
スポンサーサイト



← BUNARIPUのリフォーム2とスヌーピー | ホーム | COSCO 50's?ステップスツール →



Comment Post


名前:
タイトル:
メールアドレス:
URL:

パスワード:
非公開コメント:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
ホーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。