スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



カリフォルニアワインテイスティング

2013/03/08 18:06
3月5日深夜突然メールが、、、6日の午後に恵比寿のウエスティンホテルで開催される
カリフォルニアワインのテイスティングのご招待!

以前銀座のED.パーラーに行った時にお話は伺っていたのですが、
またもや突然のご連絡ありがとうございます〜ぜひぜひ、、、ということで
6日の午後4時に恵比寿駅で待ち合わせ。

早速会場に行って受付の前で、、、
名刺持ってますか?ううん、何も聞いていなかったので持ち合わせございませんが、、、
じゃぁ〜この名刺使ってください、って渡されたのがどこかのオカマさんの名刺。。。
お借り致しますぅ〜!

恵比寿1

で、無事受付終了名刺ホルダーに入れて服に張り付けいざ出陣
始めに入り口ワイングラス紙コップを頂く。
紙コップはを入れて飲む用、もしくは飲まないワインペッ捨てる用に使います。

さぁ〜飲み放題!!!って飲み過ぎてとんでもなく泥酔した人を何度もみているのでそれは危険です!
で、取りあえず入り口に一番近いアイコニックワインジャパンのブースにあった
モントレーのブドウで作ったモーガンソーヴィニヨン2011を。

う〜んちょっと甘いかな〜香りはあまり感じられずお値段は2600円
でもここは結構みなさんから好評のブースでした。

恵比寿2

その後一人でぶらぶら、、、
偶然いつもお世話になっている小伝馬町のリッカー愛ソムリエさんとバッタリ。

で、おすすめのワインはありますか?って探りを入れた。なにせブースの数が多すぎて(71社
全部飲んだら死んじゃう〜〜〜

ってまず始めのおすすめがラベルが何ともダイナミックな赤いケーブルカー
でもラベルに似合わずとっても古典的な作り方で作っているレッドカーワインカンパニーシャルドネ
ピノ・ノアール2010年ソノマバリーのブドウでお値段6000円。バランスがよくておいしかったです

恵比寿3

ここはアサヒビールのブースで飲んだサン・スペリー(セント・スペリー?)のソーヴィニヨン2011年
ナパバリーのブドウです。酸も香りもソーヴィニヨンらしくとっても爽やかでした。お値段3680円

恵比寿4


ここは Ilovecal Wine のブースで飲んだロア サンタ・ルシア・ハイランズピノ・ノアール2011年
シャルドネ2011年。お値段も良いけど味も良いです!

恵比寿5

日本人ワインメーカープロデュースしているワインもいくつかありました。
もちろんダーリンナカイヴィンヤードソーヴィニヨン2010年も出品していましたが
ここはラベルがとっても日本らしいって聞いて飲みにきました。

ワインメーカーはアメリカ人です。ダイアトネシャルドネ風音2011年、ステンレスタンクで醸造していますがブドウしっかりしています。

恵比寿6

同じブースにあったシャトーイガイタカハピノ・ノアールシャルドネ2009年。
ソノマ・コーストのブドウで作っています。コンテストでもゴールド、シルバーリボンを受賞している
評価の高いワインだそうです。
ラベル家紋のデザインが目を引きました。

恵比寿7

フェス・パーカーピノ・ノアール映画サイドウェイでも撮影に使われたワイナリーだそう。
両サイドはケンウッドのワイン。ソノマでは大きくて有名なワイナリーです。

恵比寿8

スーヴェランソーヴィニヨン2010年お値段も手頃で味も良かったです。
ブドウの木もワインメーカーも安定した作り手なのでしょうか?どっしりした落ち着きがあるような、、、

恵比寿9

1ブースがテーブル1つですが、並びきれないくらいワインがいっぱいなブースも。。。

恵比寿10

夕方になって少し人も減りましたが、最初は本当にどこに居ていいのかわからないくらいの人でした。

恵比寿11

カリフォルニアの主たるワイナリーが作ったワインがテイスティングできて、とっても勉強になりました。
ちょっと立ち話しているとダーリンのことも良くご存知の方もいらして、、、

今年はソーヴィニヨンと初めてのピノ・ノアール瓶詰めがあります。
ラベル新しく作る予定でこれから帰ったら忙しくなりそう。。。
関連記事
スポンサーサイト



← 飛騨と女子会3連ちゃん | ホーム | 合格通知と新装?(してない)開店‼ →



Comment Post


名前:
タイトル:
メールアドレス:
URL:

パスワード:
非公開コメント:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
ホーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。