スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ナカイピノ・ノアール2012

2013/05/03 02:49
サンタローザに来て1週間近くたった頃、
ダーリンのワインを作っているOwl Ridgeワイナリーに2人で行きました。

ワインメーカーMr.Johnが来週ピノ・ノアールテイスティングをしましょうとのことで
日本から持って来たフランスのピノと近所で作っているリバーロードのピノを持って
飲み比べすることにしました。

これがナカイのピノが入っているタンク
今日のテイスティングの後、今後の計画を立てるそうです。

ピノ1

ピノ2

さっそくタンクからちょっとだけ出してもらい、お味見
色はきれいなルビーレッド。新しいからとても良い色です。
赤ワインは年数がたつとガーネットのような赤に変わっていきます。

ピノ3


ちょうど出荷を待っているナカイソーヴィニヨン2012が山積みに。全部で165ケース!
ダーリン絶賛!香りはシトラス系グレープフルーツやレモンの香りとフローラル若草の香りもあり
開けて3日目最後まで楽しむことが出来ました。

味はズバリ!ドライです。
今までが女性的と表現すると今度は男性的

ピノ4

思わず記念写真!!

ピノ5

ここはOwl Ridgeミーティングルーム。本当にワインだけを作っている工場といった感じです。
ここは地元小さな畑のオーナー自分のワインを作ってもらえるので結構大きい規模です。
Owl Ridgeのワインも数々のリボンをとっているワイナリーです。

ピノ6

まずは本日のワインボトルを。
ナカイソーヴィニヨン2012リバーロードピノ・ノアール2007フランスGEVREY~CHAMBERTINピノ・ノアール2008

リバーロードピノ・ノアールは現在ナカイヴィンヤードの葡萄を買い取って頂いているワイナリーです。
この年は美味しくて評判がよかったピノで、大事にとっておいた物を開けます。

フランスGEVREY~CHAMBERTINピノ・ノアール
は知り合いのソムリエの方に日本で手頃なお値段で
一番人気の高いフランスのピノを選んで頂き、持って来た物です。

ピノ7

ピノのテイスティングは左からナカイ2012リバーロード2007GEVREY~CHAMBERTIN2008


ピノ8

ナカイ2012ブラックベリーグローブローズのドライフラワーウッドの香りが楽しめて、やはり収穫が遅かったので濃縮されたジュースで作った分ちょっと甘さが残っています。
これからに入れ、もう少し木の香りタンニンを増やす予定だそうです。

リバーロード2007はヴィンテージが古い分、ガーネットのような色です。
香りはベリー系チョコレートフルーツの香りでとてもバランスの良いワインです。

GEVREY~CHAMBERTIN2008、私はフランスのピノを飲む機会がほとんど無いのでへ〜〜〜って感じでした。
色はうすくてトとガーネッいうよりもトパーズのような感じです。
ローストした樽の香りが強烈カリフォルニアワインのようなフルーツの香りは殆ど感じられませんでした。
酸とタンニンが強くフルーツ味はあまり感じられません時間が経つと味もどんどん変わって飲みやすくなっていきました。美味しい!って感じる時と ん〜?って感じる時もあり本当にへ〜〜〜って思います。
関連記事
スポンサーサイト



← 長女に笑われて、、、 | ホーム | お花見からサンタローザへ →



Comment Post


名前:
タイトル:
メールアドレス:
URL:

パスワード:
非公開コメント:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
ホーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。