スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



アンティークミシンとガスストーブ

2013/06/18 16:52
6月14日、大船のクラスが終わってからそのまま成田へ。
今回は時間もあったのでラウンジでゆったりとワインを飲んで、すっかりくつろいでから機内へ。

着いてから税関をぬけて出て来たのが12時ちょっと前。すぐにダーリンも到着。
サンフランシスコではごぼう山芋エリンギを買ってから家路に急ぐ。

家について早速遅めのランチ
ビーフステーキを刻んでタマネギエリンギを入れたペペロンチーノブロッコリーが無いのが残念

で、メールをチェックしていたらエステートセールのお知らせが、、、やったぁ〜〜〜
翌朝早めに支度してさっそくお宝探しが、、、

ヴィンテージ物のアイスピック缶かん、ラガディアンドールなどなど小物を買って、、、
あ〜いぃ〜なぁ〜〜〜アンティークのシンガーミシンと小ぶりのキッチンストーブ。。。

高い物は欲しくても2日目に売れ残っていたら少し安くなるのでじっと我慢!
ダーリンねぇ〜〜〜あれいいよね〜〜〜とちょこっと甘えておねだり、、、
帰ったその日から畑でお仕事したせいなのか?ご機嫌がとってもよろしかったのか、あっさりOKが!!!


よく朝眠そうなダーリン叩き起こして急いでGOooooooo
さっそくお値段交渉ミシンストーブも両方買うからいくらになりますかぁ〜って。

やったぁ〜〜〜ストーブお値段ミシン付き

シンガー1

ミシンの引き出しには1905年5月付けの説明書がついていました。
細かいパーツに入っていて、ベルト新品に取り替えれば十分使えそう。。。

シンガーアップ

この時代のミシンには色々な模様装飾が施されています。
細かい所まで本当によくできています。
シルバーメタルの部分にも細かい彫刻がありました。

シンガー足

足はアイアンで出来ていて、踏み板ベルトの回転車の間には木製の棒がついていました。
普通はアイアンで出来ている物が多いのでびっくりです。

シンガー側面

引き出し正面側面には彫刻模様が施されています。


このガスストーブも同じような小型の物が1900年代初めシアーズカタログにのっていました。

ストーブ1

殆ど使ったあとが無くて新品同様?ガスの調節部品が一つ足りなかったけどまだまだ使えるのかしらねぇ〜

ストーブ上

下はオーブンになっております。

ストーブ下
関連記事
スポンサーサイト



← ハミングバードの餌付けに成功? | ホーム | お宝とゴミ箱? →



Comment Post


名前:
タイトル:
メールアドレス:
URL:

パスワード:
非公開コメント:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
ホーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。