スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ボタンとカメラとラスベガス

2012/03/01 18:22
毎日のようにスリフトショップ巡りしながら買い込んだお宝を
家にかえって2人できれいに洗いながらニンマリしてたらあっという間に10日たってしまいました。

ダーリンのお弁当用のおからやテリヤキチキン、去年畑で穫れたカボチャも煮て何も出来ない毎日だったけど
ラスベガスのコンベンションにいく前に何とかセミナーの作品を仕上げなきゃ〜って前の日までがんばったの。

たまたま絵の具が足りなくって Jo Ann に行ったらボタン売り場の前で止まってしまいました。
すっごく可愛くて、キルトの好きな直美さんにお土産に持って行こうって決めたの。

それぞれイタリアやスペイン、フランス、台湾製もあるけどこちらはボタンが素敵で安いです。

セミナーの絵も仕上がって、ルンルン気分でミルクガラスのランプの光で縁のレースがおしゃれな
キッチンクロスの上に買って来たボタンを並べて写真を撮ろうなんて考えちゃったのが
そもそもの間違いだったかも。


botton

べガスに行く前に朝の明るい光で作品を撮ってクライアントに画像を送る計画で寝たのよね。
朝になって作品をセットして、いざ撮ろうと思ったらシャッターが動かない!
何回押してもダメ。   どうして?。。。。あっ、バッテリーがないじゃん。スイッチ切るの忘れてた!

充電用のコードを持ち歩くのが面倒で日本で満タンにしていけば良いやなんて考えた私がバカでした。
作品も撮れない、べガスにも持って行けない、   あ〜あ、やっちゃった。。。

気を取り直して画像を送れないのでごめんなさいメールを出して出発。
今回は近くのソノマカンティーエアーポートからアラスカエアーラインでべガスへ直行便。

いつものユナイテッドと違ってとっても家庭的というか居心地のよい空港と飛行機でした。
ソノマの情報誌とさすがソノマカンティー、地元のボトルワインが飲み放題!
プラスチックのカップに並々ついでくれるので2杯でノックアウト。最近弱いんだよね〜

そうそう離陸してすぐうちの畑の上を通りました。グーグルで見るのと同じだけど、ちょっと感動!

べガスに2時半頃着いてから、ホテルまでシャトルバスで行ってチェックインしたらお部屋で夕食を済ませて、
いそいで受付をすませてセミナー会場へ行きました。
夕方4時から11時までのセミナーで一昨年も同じ先生のクラスを受けたんだけど彼女はいつもティン(ブリキ製)の素材にちょっと懐かしいフォークアートのデザインでアンティークで仕上げます。
私は疲れていたので全開で描きまくってちゃんと仕上げて9時半にお部屋に帰りました。やったー!

次の日は朝8時から5時までのオイルで描くマグノリアのセミナーと
6時から10時まで同じくオイルの風景画を受けました。
マグノリアは仕上げたけど、風景画は4時間しか無かったので
ゼラニウムの花とアイビーの葉を残してタイムアウト!
家に帰ってから仕上げることになりました。

最後の日は8時から5時までスティルライフのクラス。黒いカンバスに描くんだけど
先生は一昨年受けた風景画のアーティストでけっこうメジャーな方です。
風景画の時はオレンジのカンバスでした。とっても色の出し方が素敵でした。
彼は私の事を覚えてくれていて、とっても楽しく描けました。

この絵もちゃ〜んと仕上げて、急いでパッキングして5時半のシャトルバスに乗り込んで帰りました。
お疲れさまでした。先生達ありがとう。


関連記事
スポンサーサイト



← 最後の一日 | ホーム | サンタローザに帰ってから →



Comment Post


名前:
タイトル:
メールアドレス:
URL:

パスワード:
非公開コメント:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
ホーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。