スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



最後の一日

2012/03/06 03:03
ラスベガスは大人のディズニーランドみたいなもんだな〜って思いながらあっという間の1週間でした。

ダーリンが私が描いて来た絵の評価はマグノリア以外は良かったです。
彼はそれが好きではなかったらしい。

次の日、飛行機の中でみつけたタウン誌にソノマカンティーミュージアムで今週から開催している
ロシアの陶器製品の展示の広告をみつけたので早速ダーリンと行って来ました。

サンプトペテルブルグスのエルミタージュ美術館でも有名なエカテリーナ2世のコレクションで
王室の窯元で作らせた物やマイセン、ローヤルコペンハーゲンなんかもありました。
1800年代の物ばかりで何故かお皿の裏にある刻印に目がいってしまう。

美術館はサンタローザの古い郵便局だった建物でダウンタウンショッピングモールのすぐ脇にありました。
しかりとっても趣きがあります。暖房用の器具、長〜いデロンギのオイルヒーターみたいな形なのだけど
一つ一つにエンボスモザイクの加工が施されていて黒く光っておりました。
窓ガラスが歪みガラスではなかったのが残念でした。

美術館を出てから2人で歩いて3thストリート沿いある有名な地ビールのバーで遅いランチ。
カウンターに座ってバーテンの人に4〜5種類のビールを試飲させてもらってからオーダーしました。

ダーリンはホップのきいた爽やかめで、私はビターを選びました。
チキンサンドイッチとピザの皮で包んだチーズとベジタブルのホットサンドイッチみたいなのを頼んで
飲んでいたらダーリンが隣のおじいさん?(どっちもどっちだけどちょっと年上かな〜?)
に話しかけられて夢中になってました。私はバーの天井近くに飾ってあるアンティークらしき物に
見入っていたら二人のランチが到着。

おいしかった〜!ビアバーにしては。雰囲気もいいし。
こんど日本人のお客さまがいらしたらここがいいねって2人で話してました。

ここはビールのワールドカップでも何度もメダルをもらっていて常に数十種類のビールが楽しめます。
私は邪道ですが2杯目は黒と白を混ぜてもらって飲みました。
バーテンの人はそれは合わないと行っておりましたが隣のおじさんはイェ〜イ!と言ってくれましたよ。

私は好きでしたよ。  でも昼間のビールは効きます。その後、眠いやらだるいやら、、、

残った数日はもちろんジャンク巡り、あれから超目玉商品にはお目にかかっておりませんが
うすいピンクガラスの蓋付きのコンポートを買いました。

こっちに来た時は少しのんびりできると思っていたのは遠い昔で、今は日本にいる時よりも目まぐるしいかも。
それもまぁいいんだけど。

4月に帰って来た時は野菜畑を本格的に作らないとね。今年は何を植えようか。

あと24時間後には空港ですか。


関連記事
スポンサーサイト



← 3週間ぶりの我が家とお誕生会 | ホーム | ボタンとカメラとラスベガス →



Comment Post


名前:
タイトル:
メールアドレス:
URL:

パスワード:
非公開コメント:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
ホーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。